キャンペーン時がチャンス!成田空港で外貨両替をする

マネー

国内と海外の違い

マネー

レバレッジが大きく違う

外国為替証拠金取引、通称fx取引を行う場合、国内の業者と海外の業者があります。fxの口座は、1人1口座しか作ってはいけないという制限はありませんので、1人で国内口座だろうが海外口座だろうが複数作ることができます。国内と海外口座どちらがいいということではなく、トレーダーの中にも国内派や海外派がおり両方使う人もいますので、双方にメリットとデメリットがあります。fxを海外口座で取引する場合、国内との最大の違いはレバレッジにあります。国内業者であると、2011年8月1日に最大25倍まで規制が入っており、かつては100倍で取引できる国内業者もあったのですが、証拠金を多く入金しておかないと取引できないようになったのです。その点、海外口座であればレバレッジの高い業者で預けた証拠金に対して200倍や500倍、888倍で取引できる業者も存在します。次に追加証拠金の違いがあります。国内であれば、証拠金を上回る損失は、損失解消のために追加証拠金を入金しなければなりませんが、海外口座の場合ゼロカットといって、顧客のマイナス残高を0に戻す制度があります。海外のfx業者は、この方式により追加証拠金の心配がなく取引できます。そして、海外口座は、口座開設までのスピードが早いことが上げられます。日本だと、ネットで申込み書類が届いてそれを返送するなどの手続きがありますが、海外口座だと30分程度で開設が可能です。口座への入金もクレジットカードで可能です。